投資

【徹底解説】ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)

投資信託解説シリーズ。今回は、「ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)」のご紹介です。

投資信託一本で、簡単に、バランスよく資産運用したい。そんな方にピッタリの商品です。

 

リスクとリターンのバランスが良く、管理不要のため、老後の資産運用にもおすすめです。

この投資信託の特徴

  • 株式50%:債券50%のバランスの取れた資産配分
  • 自動でリバランス
  • 配当再投資型
  • 低コスト

 

バランスの取れた資産配分

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) ポートフォリオ

この投資信託は、次の4つの資産に、債券50%:株式50%の割合で投資をしています。

運用を続けて資産配分が変わってしまっても、自動で売買を行い、このバランスを維持してくれます。

いわゆるリバランスをしてくれるので、購入後は放置でOKです。

 

基本投資割合

  • 25%:国内株式(TOPIX)
  • 25%:国内債券(NOMURA - BPI総合)
  • 25%:先進国株式(MSCIコクサイ・インデックス)
  • 25%:先進国債券(FTSE世界国債インデックス)

 

この資産配分は、年金を運用している年金積立金管理運用独立法人(GPIF)の資産配分とほぼ同じです(※GPIFは先進国株式ではなく全世界株式)。

GPIFの資産配分は、期待リターン4%の投資の中で最もリスクが低くなるように運営されています。

つまり、非常にバランスの良い運用ということです。

 

GPIFのポートフォリオ

  • 25%:国内株式(TOPIX)
  • 25%:国内債券(NOMURA - BPI総合)
  • 25%:外国株式(MSCI ACWI「除く日本」) ※先進国+新興国
  • 25%:先進国債券(FTSE世界国債インデックス)

GPIFポートフォリオ

 

過去5年間の平均リターンは7.2%

騰落率

過去5年間の騰落率(=リスク=値動き)は、最小▲7.5%~最大+23.6%、平均は+7.2%です。

先進国債券と先進国株式のちょうど間くらいのリスク・リターンであることがわかります。

 

配当再投資型

graduation

この投資信託では、2015年に設定されて以降、一度も配当をしていません。自動で再投資をしてくれます。

 

税金は、配当金または売却益に対して発生します。

この投資信託では配当が行われないので、売却して利益を確定させるまで、税金を繰り延べることができます。

複利で運用していくことを考えると有利な設計です。

 

低コスト

celabration

この投資信託の売買には手数料は掛かりません

保有している間、継続的に発生する信託報酬は0.154%で、極めて良心的です

 

 

参考:他の4資産バランス型ファンドとの比較

4資産バランス型投資信託3本の比較は下表のとおりです。(2022年7月21日時点)

純資産が一番多く、且つ信託報酬も最も低く設定されています。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型) eMAXISバランス(4資産均等型) つみたて4資産均等バランス
設定日 2015.08.27 2015.08.27 2017.08.16
委託会社 ニッセイ 三菱UFJ国際 三菱UFJ国際
純資産 224億円 53億円 110億円
信託報酬 0.154% 0.55% 0.24%

 

まとめ

投資信託一本で、簡単に、バランスよく資産運用したい。そんな方にピッタリの商品です。

リスクとリターンのバランスが良く、管理不要のため、老後の資産運用にもおすすめです。

この投資信託の特徴

  • 株式50%:債券50%のバランスの取れた資産配分
  • 自動でリバランス
  • 配当再投資型
  • 低コスト

 

老後の資産運用についてはこちらの記事でもまとめています。

老後の資産運用におすすめの方法・金融商品

「退職金を受け取ったので資産運用を検討している」「退職金の運用について親から相談を受けているが、どうアドバイスすればよいかわからない」「老後の資産運用について勉強しておきたい」 こんなお悩みを抱えてい ...

続きを見る

-投資