読書

電子書籍のすすめ

みなさんは、読書は紙の本でしていますか?それとも電子書籍でしていますか?

私は社会人になってからはほぼすべて電子書籍で本を読んでいます。今回は電子書籍のメリットデメリット、おすすめ電子書籍リーダーについてご紹介します。

電子書籍のメリット

メリット①:場所を取らない

わたしが電子書籍派になった一番の理由はこれです。転勤が多い職業なので少しでも楽に引っ越したいと思いました。

本がずらりと並んでいる書斎も良いのですが、現実的には物は少ない方が快適です。そもそも本棚を置かなくて良いですし。紙の本は業務で使う本と英語学習用に購入した本を残して全部売ってしまいました。

メリット②:持ち運びが容易

出張や旅行のときに大助かりです。分厚い本、重たい本も電子書籍ならどこにでも持っていけます。

端末にすべての本をダウンロードしておくことは不可能ですが、それでも数十冊はダウンロードしておけますし、いざという時もインターネットにつながっていればすぐダウンロードできるので問題があったことはありません。

メリット③:安い

製本代がかからない分、紙より安いです。セールやまとめ買い割引なども活用すれば、相当安く買えます。

メリット④:すぐ読める

購入後即ダウンロードできるので、本の到着を待つ必要がありません。夜中にふと読みたくなった時でも、ポチポチすればすぐ読めます。

電子書籍のデメリット

デメリット①:ページの行き来に時間が掛かる

紙の本のように、ページを行ったり来たりできません。小説のように一方向に読む場合には問題ありませんが、参考書のようにパラパラ見たいときは使いづらいです。

ちなみに、電子書籍リーダーは性能がそこまでよくないので、ページ送りはもさっとしています。

デメリット②:売れない

メルカリの発達により中古品の売買が増えたので、紙の本は読み終わったら売ってしまう人も多いと思います。売ることができれば本の実質的な購入価格を抑えることができますが、電子書籍ではそれができません。

デメリット②:貸し借りができない

誰かに本をおすすめしたいと思っても貸すことができません。

kobo(楽天)とKindle(Amazon)、どっちが良い?

楽天が提供しているkoboと、Amazonが提供しているKindleが有名です。機能面ではKindleに軍配が上がりますが、よく使うサービスのほうを選びましょう

楽天KoboAmazon Kindle
品揃え400万冊700万冊
おすすめ端末kobo clara HDKindle Paperwhite
紙の本の値段との比較同じことが多い安いことが殆ど
セールの頻度ぼちぼち多い
特徴洋書が豊富(らしい)
まとめ買いをすると安い
ビジネス書が豊富
ハイライト機能が便利

Kindleのハイライト機能
指でなぞると、その個所を「ハイライト」することができます。「ハイライト」した部分はインターネット上で確認することができるので、後で見返したいときに大変便利です(googleで「kindle メモとハイライト」と検索してください)。

この機能があれば読書ノートが不要です。

電子書籍では、スマホやタブレットではなく、電子書籍リーダーがおすすめです。おすすめする理由は次の3点です。少し値段は張りますが、値段以上の価値があります。

① 目が疲れず、読みやすい
② 電池の持ちが良い(充電は2週間に1回程度)
③ 機能が限定的な分、読書に集中できる

koboのおすすめ電子書籍リーダー:kobo clara HD

最もコスパが良いのはclara HDです。ただ、防水機能が付いていませんので、お風呂で読書したい方はlibra H2Oがおすすめです。

商品名kobo niakobo clara HDkobo libra H2Okobo forma
特徴エントリーモデルコスパ重視ハイエンドハイエンド・大容量
値段10,978円15,180円25,080円34,980円
サイズ6インチ6インチ7インチ8インチ
重さ172g166g192g197g
解像度212ppi300ppi300ppi300ppi
防水--

Kindleのおすすめ電子書籍リーダー:Kindle Paperwhite

コスパが最も良いのはKindle Paperwhiteです。高画質で防水機能も付いていますので、文句の付け所はありません。

いずれのモデルでも「広告つき」と「広告なし」を選べます。私は値段の安い「広告つき」を持っていますが、邪魔に感じたことはありません。

Kindle(無印)は解像度が低いのがネックです。Oasisは読書の質を高めるためにより大きな画面、色調調整ライト、ページ送りボタンなどが搭載されていて良さそうなのですが、良いお値段です。

商品名KindleKindle PaperwhiteKindle Oasis
特徴エントリーモデルコスパ重視ハイエンドモデル
サイズ6インチ6インチ7インチ
重さ174g182g188g
解像度167ppi300ppi300ppi
防水-

まとめ

電子書籍のメリット
・ 場所を取らない
・ 持ち運びが容易
・ 安い
電子書籍のデメリット
・ 売れない
・ 貸し借りができない

おすすめ電子書籍リーダー
楽天ヘビーユーザー   :kobo clara HD
Amazonヘビーユーザー :Kindle Paperwhite

いかがでしたでしょうか。アプリで電子書籍を試してみて、悪くないなと思ったら電子書籍リーダーを買ってみてください。後悔はしないと思います。

快適な読書ライフをお過ごしください!

-読書