雑記

【小笠原諸島①】小笠原諸島ってどんな島?どうやって行くの?予算、予約方法は?

私、2020年11月に入籍いたしました。が、コロナ禍真っ只中ということで新婚旅行に行けておりません。

本当は海外のリゾート地に行きたいのですが、なかなか難しい状況なので、新婚旅行第一弾として小笠原諸島へ旅行することにしました。

小笠原諸島は非常に人気のある離島なのですが、インターネットの情報が少なかったので、旅行にあたって調べたことや実際に行ったら様子・感想をお伝えすることにしました。

今回はその第一弾で、小笠原諸島とはどんな島なのか、どうやって行くのか、そして予算と予約方法についてご紹介したいと思います。

東京から南へ約1,000キロメートル

小笠原諸島は、東京から南へ約1,000kmの太平洋上に散在する30余りの島々の総称です。東京都に含まれます。

小笠原群島(聟島、父島、母島列島)、火山列島(硫黄列島)、三つの孤立島(西之島、南鳥島、沖ノ鳥島)から成っています。

小笠原諸島の存在により、日本の排他的経済水域の3割が確保されています。

小笠原諸島の位置
引用:小笠原村 世界自然遺産 パンフレット

小笠原貞頼が発見

小笠原諸島は1593年に、信州深志城(長野県の松本城)主の曾孫、小笠原貞頼により発見されたと伝えられています。

人が最初に定住したのは江戸時代後期の1830年で、その後の江戸幕府や明治政府の調査、開拓により 1876年に国際的に日本領土として認められました。

太平洋戦争を経験

大正から昭和初期には、農業や漁業を中心に栄え、人口も7,000人を超えるなど小笠原の最盛期を迎えました。

しかし、その後の太平洋戦争では、ほぼ全ての島民6,886人が内地へ強制疎開させられました。激戦地となった硫黄島では壮絶な戦いの末、日本軍が玉砕し、日米両軍合わせて2万余名もの尊い命が失われました。

日本が敗戦すると、小笠原は米軍の占領下に置かれました。23年後の1968年に日本に返還され復帰、ようやく島民の帰島が実現しました。

硫黄島は、日本復帰後も火山活動などによる自然条件が厳しいことから、旧島民の帰島は実現せず、現在は自衛隊及びその関係者だけが在島しています。

東洋のガラパゴス・世界自然遺産

小笠原諸島は誕生以来、一度も大陸と陸続きになったことありません。そのため、独自の生態系を形成し、「東洋のガラパゴス」と言われるほど多くの固有種・希少種が生息・生育しています。

小笠原諸島の大部分は1972 年に国立公園に指定され、また2011年には世界自然遺産に登録されました。

世界的にも貴重でかけがえのない自然の宝庫となっています。

写真『心豊かに暮らし続けられる島』小笠原村
引用:小笠原村 公式サイト

ボニンブルー

小笠原諸島は別名をボニン諸島 (Bonin Islands)といいます。澄み切った深い青を湛えた小笠原の海は「ボニンブルー」と呼ばれ、年間を通じてイルカやマッコウクジラたちが泳ぎ、また冬にはザトウクジラが出産、子育てのためにやってきます。

このボニンブルーとは、小笠原諸島の英名がBonin Islandであることに由来していて、これ昔、アメリカ人が来島した際、無人島であったことから、「無人(mujin))」→「bunin」→「bonin」となった、と言われています。

また小笠原諸島は日本最大のアオウミガメの産卵地でもあり、毎年多くの母ガメたちが、島々の海岸に産卵にやってきます。

小笠原村公式サイトより「アオウミガメ」
小笠原村公式サイトより「アオウミガメ」

アクセスは週に1便の船のみ、片道24時間

本土との交通アクセスは、東京・竹芝港と小笠原諸島の父島・二見港をつなぐおがさわら丸というフェリーのみです。

片道24時間の定期船が週に1便程度運航しているのみです。なので、小笠原諸島に行くためには一週間の休暇が必要になります。

飛行機では行くことができません。何度か空港建設を計画しているようですが実現していません。

予算は「おがまるパック」で10万円~15万円

往復のフェリーと宿泊代がセットになった「おがまるパック」というものがあります。旅行代理店で働く友人に聞いたところ、これが一番お得なようです。

おがまるパック
メリット1. フェリーの乗車券と宿泊がまとめて予約できる
メリット2. 個別で予約するよりもお得なツアー価格
メリット3. 買い物・アクティビティに利用できる「クーポン」がついてくる

https://www.travelroad.co.jp/ogasawara/ogamaru

おがまるパックの値段は、時期と宿泊先によって変動しますが、72,000円~113,000円のようです。最安クラスだと宿泊施設は民宿となり、ある程度綺麗なところに泊まるには100,000円前後かかります。

フェリーまでの交通費やアクティビティ代を考えると、予算は10万円~15万円程度になると予想されます。

予約は2ヶ月前から、電話は営業開始時間に殺到

おがまるパックの予約開始は2ヶ月前です。申し込み方法は電話のみで、平日の10時~16時となっています。

一週間の休みが必要な小笠原旅行ですが、非常に人気で、人気の宿は営業開始の10時に電話することが最低条件です。(それでも予約できるかは運次第です)

私も2ヶ月前の10時ピッタリに電話したのですが、繋がるまで15分待たされ、繋がって予約しようとしたら宿泊先の第一希望と第二希望は埋まっていました。宿泊候補先を一つに絞るのではなく、いくつか用意しておくことをおすすめします。

また、電話予約の際は、オプションのツアー(島内バス観光、クルーズ観光)を付けるか聞かれます。このオプションは後日付けることも可能ですので、じっくり計画を立ててから申し込んで問題ないと思います。

2021年現在、フェリー乗船前までにPCR検査の受検が必須となっています(※宿泊先で提示を求められるようです)。2日前までに検体をフェリーに乗る竹芝港まで持参する必要があります。

まとめ

  1. 東京から南へ約1,000キロメートル
  2. 小笠原貞頼が発見
  3. 太平洋戦争を経験
  4. 東洋のガラパゴス・世界自然遺産
  5. ボニンブルー
  6. アクセスは週に1便の船のみ、片道24時間
  7. 予算は「おがまるパック」で10万円~15万円
  8. 予約は2ヶ月前から、電話は営業開始時間に殺到

次は、小笠原諸島の魅力についてご紹介したいと思います。

-雑記