投資

【番外編】ポイントがたまる投資信託のクレジットカード決済!残る4社

投資信託のクレジットカード決済の紹介記事の番外編。

セゾンポケット、tsumiki証券、マネックス証券、タカシマヤの投資信託についてご紹介いたします。

前回の記事はこちら↓

セゾンポケット×セゾンカード(UCカード)

セゾンポケットは、セゾンカードで知られるクレディセゾンが提供する積立投資サービスです。

取り扱いのある投資信託は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(全世界株式50%、先進国債券50%のインデックスファンド)とセゾン資産形成の達人ファンド(全世界の株式を対象とする複数のアクティブファンドに投資)の2商品です。

セゾンポケットを利用するかどうかは、投資したい商品があるかどうかをよく考えた上で行いましょう。

https://www.saison-pocket.com/mutualFund/?modal=on

セゾンカードUCカードが対応していて、ポイント還元率は6回の積立額合計に対して0.1%(100pt=450円分、実質0.45%)です。

付与される永久不滅ポイントは、その名の通り無期限で、投資信託購入にのみ使うことができます。

対応しているセゾンカードは80種類以上、UCカードは40種類以上あります。年会費無料のものも多くあるようです。

いまの取扱商品だと選択肢からは外れちゃうなあ。

tsumiki証券×エポスカード

tsumiki証券は、丸井グループの証券会社です。口座開設のためには同グループが発行しているエポスカードが必須で、クレジットカード積立に対応しているのもエポスカードのみです。

tsumiki証券の取扱商品は以下の5つ。セゾンポケット同様、気に入った商品がある方が検討の対象になります。

📈セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(全世界株式50%、先進国債券50%のインデックスファンド)
📈 セゾン資産形成の達人ファンド(全世界の株式を対象とする複数のアクティブファンドに投資)
📈 コモンズ30ファンド(日本株式100%。サステナビリティ重視のアクティブファンド)
📈 ひふみプラス
(日本株式約9割、海外株式約1割。長期的な成長が期待できる企業に投資するアクティブファンド)
📈 まるごとひふみ15
(先進国債券85%、ひふみプラス15%のリスクを抑えたファンド)

https://www.tsumiki-sec.com/product/

付与されるエポスポイントの還元率は積み立て年数によって決まり、初年度が0.1%、2年目は0.2%、その後も0.1%ずつ増加し、5年目以降は0.5%(上限)です。

エポスポイントは、カードの支払いには使うことができませんが、投資信託購入ポイント投資各種ギフト券・ポイント・マイルへの交換等に使うことができます。

エポスカードの年会費は、通常カードなら永年無料です。ゴールドカードの年会費は5,500円ですが、インビテーションが届けば永年無料、年間50万円以上利用しても翌年以降無料になります。

エポスポイントの有効期限は、通常カードなら2年間、ゴールドカード以上なら無期限です。

すみくん
すみくん

昔はエポスカードも使っていたよ。グレードが上がりやすいし、飲食店の割引も多いし、悪くなかったよ。

マネックス証券×マネックスカード(2022年1月~)

2022年1月から開始予定のサービスです。対応しているのはマネックスカードで、還元率は1%です。

付与されるマネックスポイントは、カードの支払い、投資信託購入、ポイント投資には使うことができず、使い道は1pt=1円(1,000pt=250マイル)の各種ポイント・マイルへの交換等に限られます。

https://info.monex.co.jp/service/point/use/index.html

マネックスカードの年会費は、初年度無料、2年目以降は550円ですが、年間1回以上の利用があれば2年目以降も無料になります。

マネックスポイントの有効期間は、ポイントを獲得した日の翌々年度末(3月31日)までです。例えば2019年3月に加算されたポイントは2021年3月31日まで有効、2019年4月に加算されたポイントは2022年3月31日まで有効です。

すみくん
すみくん

還元率は魅力的だけど、ポイントの使い道がイマイチだね。使い道が広がったら一気に有力候補になるかも。

タカシマヤの投資信託

対応しているのはタカシマヤカードで、ポイント還元率は初年度・2年目は0.1%、3・4年目は0.2%、5年目以降は0.3%です。

SBI証券と提携していて、SBI証券で購入できる投資信託すべてが対象です。

https://www.takashimaya-fp.co.jp/fund/lp/

付与されるタカシマヤポイント高島屋グループの買い物ANAマイレージとの交換(2,000pt=500マイル)に使うことができますが、カードの支払い、投資信託購入、ポイント投資等には使うことができません。

タカシマヤポイントの有効期限は、ポイントを獲得した日の翌々年度末(3月31日)までです。マネックスポイントと同じです。

タカシマヤカードの年会費は、通常カードは初年度無料、2年目以降2,200円ゴールドカードは11,000円です。

すみくん
すみくん

クレカ積立のためにカード発行するほどではないけど、対象の投資信託は幅広いから、既にタカシマヤカードを使っている人にはおすすめかも。

おわりに

一部の人はお得に利用できるかもしれないクレジットカード×証券会社をご紹介いたしました。

少しでも皆さんの資産形成のお役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき有難うございました。

前回の記事はこちら↓

-投資