投資

株式投資を始めてよかったこと6選

私が投資を始めたのは2020年4月。コロナショック真っ只中でした。

そこから1年2ヶ月が経ち、投資額 301万円、含み益 40万円で、投資資産は341万円になりました。(2021年6月末時点)

1年2ヶ月投資を続けてみて良かったと思うことを6つご紹介したいと思います。

資産が増えた

そもそもの株式投資の目的です。投資をしたことで40万円増やすことができました。

我が家では家計簿アプリのMoneyForward MEを使っています。毎日チェックしていますが、評価額が増えているのはやっぱり嬉しいですね。

株式投資を始めたのがちょうどコロナショックの真っ只中だったので、素晴らしいペースで資産が増えています。一番最初に買ったファンドの含み益は+70%。今思えばもっと購入しておけばよかったですね。

暴落が来ることも念頭に入れつつ、これからも毎月積み立てていきたいと思います。

人生計画を立てるようになった

投資をはじめるにあたり、ゴール(目標とする資産額や配当金額、達成する時期)プロセス(収入、生活費、特別費、それらから逆算される投資額)、つまり人生計画を考えます。

今までは漠然と考えていた人生計画を、数字を使って具体的に考えることができました。

すみくん
すみくん

行き当たりばったりの人生は、それはそれで楽しいけどね。全部がそうだと困っちゃうかもね。

人生に対する不安が小さくなった

投資によって資産が増えてきたので、収入が途絶えたとしてもすぐに生活が困窮することはありません。病気やケガ、リストラに対する不安が小さくなり、以前よりも安心して生きていけるようになりました。

お金があるから安心というよりも、お金がないことによる不安がなくなった、という方が正しいかもしれません。

すみくん
すみくん

お金がなくて、どうやってお金をかき集めるか考えるのはすごいストレスだよね。

お金を大切に使うようになった

150円のジュースを買うとき、投資で150円増やそうと思ったら3,000円を年5%で運用しないといけないのか、、、と考え、少額の支出にも躊躇いが出てきました

今では、お金を使うときは、本当に必要な支出なのか、他で代用できないか、価値のある物なのかを見極めています。衝動買いで数万円のモノを買うようなことは間違いなくなくなりました。

あとは、所得税や住民税、社会保険料と言った源泉徴収されている税金が気になるようになりましたね。給与明細をじっくり確認しています。

ふるさと納税やiDeCo、生命保険料控除や医療費控除等、できる範囲で税金を減らしていきたいですね。

すみくん
すみくん

お金を使うのは一瞬だけど、お金を増やすのは時間が掛かるからね。

金銭感覚が変わらなかった

「お金を大切に使うようになった」に近いのですが、資産が増えたからと言って財布の紐が緩くなりませんでした。増えているのが銀行口座ではなく証券口座というのが関係していそうです。

給料日後やボーナス後についついお金を使ってしまうような現象も無くなりました。今思うと、"お金がある"という理由ではお金を使うのって不思議ですよね。

すみくん
すみくん

投資しているのが無配当型のインデックスファンドなのも関係しているかも。

政治や経済が気になるようになった

私が投資しているのは全世界株式に連動する投資信託です。基準価額(=投資信託の価格)は株価と為替の変動の影響を受けるので、株価や為替の動き、またそれらに影響を及ぼす政治・経済のニュースを自分事としてチェックするようになりました

理解が深まり、記憶にも残るようになりました。

すみくん
すみくん

自分の資産が増えたり減ったりした理由が気になって調べるようになったよ。

まとめ

投資を始めて1年2ヶ月。資産が増えたことはもちろんですが、それ以上にお金に対する考え人生に対する考えにプラスの影響が出ているように思います。

投資を始めようか迷っている人の参考になれば幸いです。

-投資